閉経が更年期を促すかも

更年期障害は、ならない人もいますよね。もちろん性格や体質などで、なる人もならない人もいるとは思いますが、閉経への対処のしかたが一つの鍵ではないかとも思っています。私たちは13歳前後に初潮を迎えますよね。それから何十年も生理に付き合うわけですが、実際に閉経するような年齢になった人に聞くと、多くの人は「生理は煩わしけど、女が終わってしまうようで寂しい」という人が意外に多いんですよね。

» Read more

食生活も大切です

更年期障害になってもおかしくない年齢になったら、食生活を見直すようにしましょう。更年期障害は女性ホルモンが減少してしまし、ホルモンバランスが崩れてしまうために起こる病気です。ですから食生活でも女性ホルモンの減少を防げるようなもの食べるようにすると良いでしょう。女性ならば誰でも知っていると思いますが、大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがありますよね。

» Read more

更年期障害は病気なのか

更年期障害って病気なんでしょうか。昔は更年期障害は病気とされていませんでした。しかし現代では、若年性更年期障害や男性更年期障害もあることから、病気と言われることが多いですよね。私自身も更年期障害は病気の一つだと思っています。更年期障害によって、鬱病になったりすることもありますし、手足のしびれなど身体にも支障をきたすこともあるからです。

» Read more

こんな人は注意

何度も言いますが更年期障害は、なる人もいればならない人もいます。私たち人間はそれぞれ性格が違いますよね。その性格が更年期障害にも大きく関係してくるんです。更年期障害で精神を病んでしまう人の多くは、几帳面で責任感が強い人なんだそうです。そのような性格の人全てが更年期障害になるわけではありませんが、統計ではそのような人が多いようです。

» Read more

重度の更年期障害

更年期障害になった人の多くは、自分は更年期障害ではないと、更年期に対して過敏になりがちです。女性ならば誰でも更年期になる可能性は高いのですから、否定的にならないようにすることも重要なことです。重度の更年期障害になると、食欲不振・手足のしびれ・鬱病など、身体にかなりの負担をかけるような症状が出てきます。

» Read more

更年期障害の初期症状

誰もが更年期障害になるわけではありません。閉経しても今までと何も変わらない人もいますし、酷い更年期障害になってしまう人もいます。ただ言えることは、どんな人でも更年期障害になりうるということです。自分は大丈夫だと思っていても、もしかしたら酷い更年期障害になってしまうかもしれません。

» Read more

更年期障害の機能低下

更年期になると、様々な部分の機能が低下をしてしまいます。皆さんは更年期と聞くと、どんな症状が思い浮かびますか。多くの方は「暑がりになる」と思うのではないでしょうか。これはCMでものぼせを取り上げている事もあるために、のぼせが最初に頭に浮かぶのだと思います。でも更年期はほかにも機能の低下があるんですよ。

» Read more

男性も注意

更年期障害は女性がなるものという観念がありますが、今男性でも更年期障害で悩む人は多いのです。何年か前に有名漫画家の男性が更年期障害にかかってしまい話題になりましたよね。覚えている方も多いのではないでしょうか。

» Read more

若年性更年期

更年期とは閉経になる頃に起こる、女性特有の一種の病気です。ですから更年期障害と言うと、どうしても50歳前後の女性が起こるものだと思ってしまいますよね。しかし現代女性は結婚・妊娠が遅いせいなのか、若い人でも更年期になってしまうという人が増えているんですよ。特に多いのが30代の方のようですね。

» Read more

女性の悩み

女性は必ず誰でも閉経を迎えます。これは当たり前のことですよね。この閉経を境に、女性の身体は大きく変化をしていきます。これは女性ホルモンが減少してしまい、男性ホルモンが増えてしまうせいです。その身体の変化に身体と心が付いて行くことができずに、起こってしまうのが更年期障害です。

» Read more