食生活も大切です

更年期障害になってもおかしくない年齢になったら、食生活を見直すようにしましょう。更年期障害は女性ホルモンが減少してしまし、ホルモンバランスが崩れてしまうために起こる病気です。ですから食生活でも女性ホルモンの減少を防げるようなもの食べるようにすると良いでしょう。女性ならば誰でも知っていると思いますが、大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがありますよね。

その年齢に近づいてきたら、大豆イソフラボンを多く含む食材を食べるようにしましょう。代表的なのは豆腐・納豆などですから、誰でも手軽に食べることができますよね。また牛乳の代わりに豆乳を飲むのもおすすめですよね。実はザクロにもエストロゲンが含まれているんですよ。特にザクロの種に多く含まれていると言われています。またビタミンE・ビタミンC・カルシウムも更年期障害には良いと言われています。ビタミンEはホルモンの分泌を促してくれ、血行を滑らかにしてくれますから、更年期障害に効果があると言われています。またしじみなどにはカルシウムが豊富に含まれていますから、イライラを解消してくれます。このように更年期障害に効果的な食材は沢山あります。少しでも更年期障害を改善するためにも、これらの食材をバランスよく食べるようにしてくださいね。更年期障害に負けない身体作りをしていきましょう。

参考:葉酸ガイド

Comments are closed.