若年性更年期

更年期とは閉経になる頃に起こる、女性特有の一種の病気です。ですから更年期障害と言うと、どうしても50歳前後の女性が起こるものだと思ってしまいますよね。しかし現代女性は結婚・妊娠が遅いせいなのか、若い人でも更年期になってしまうという人が増えているんですよ。特に多いのが30代の方のようですね。

今まで周期的に生理がきていたのに、突然生理が不規則になってしまい、更年期と同じような症状を起こしてしまう人が多いのです。ただ生理が不規則なって、更年期障害と同じ症状になるだけではなく、中には本当に閉経をしてしまう人もいるそうです。この若年性更年期障害の主な原因は、過度なダイエット、過度な運動、不規則な生活、ストレスなどが原因だと言われています。働く女性が多い現代社会では、ある程度仕事ができればそれなりの役職に就く人も多いですよね。そんなストレスや不規則な生活をしている人は、若年性更年期障害になる可能性は高いとも言われています。更年期なんてまだ先の話しと思っていてはいけません、いつ自分が更年期になるのかなんて誰にもわからないのです。また若年性更年期障害の場合、卵巣の機能が低下していることも考えられますので、生理が不規則になったと感じたら、まずは婦人科で診断をされることをおすすめします。働く女性は特に注意をしてくださいね。

Comments are closed.